読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースマンノート

ナースマンのナースマンによる「看護師の地位の確立」と「収入改善」のためのノート

看護師に必要なコミュニケーションスキルとは

ノンスタ井上さん、不起訴処分なりましたねー!

 

さて、今日ははてなブログproになってからの2個目の記事です!

昨日も言いましたが、何も変わっていないのでお許しを!

みなさん、励ましの言葉やブックマーク、本当にありがとうございます!

これからもよんでくださーい!

昨日も色々とカスタマイズしようといじりましたが、時間がかかりそうです😝

気長にいきます。

 

話は変わりますが、

うちの家族と看護師の後輩らとその相方たちで、月末に

イチゴ狩り

に行こうかなと、予定しています!

それがですね、今の時期やっぱり人気みたい!

どこも予約がいっぱい!!

こんなことってあるんだ!

世の人たちってそんなにイチゴ好きなんだ!と改めて思いました。

なのね、現在空きを探しまくっている状況。

どっかいいとこあれば〜と思いながら探しております。

 

 

今日も仕事でいろいろありましたね〜

悪いことでは無いですよ。

 

 

 

本題へ!!

今日、ふと話をしていて思いました。

コミュニケーション能力!!

看護師にとって、これってかなり大切ですよ。

これについて考えてみました。

 

 

1、人と話をする力

看護師に必要と言われるコミュニケーションスキル。やはり信頼関係というものは大切になります。だからと言って、それは「仲良くなる」とは違います。人と話をすることで、いろいろなことがわかります。顔、声、性格はもちろん、相手のコミュニケーション能力もわかります。看護師と患者は話すことで成り立つ関係。看護師は患者の様子や状態を把握して話をすることが大切になります。話すことなしに看護をすることはできません。でも、これは鍛えてうまくなるものでは無いです。慣れていくことはあるかもしれませんが、看護師の人間性が何よりも大切になります。

 

 

2、人の話を聞く力

傾聴。看護の世界では、人の話を聞くことをこう呼びます。話を傾聴することは、すごく大切なこと。ただ聞くだけ?と思う人も多いと思いますが、それだけでいい時もあります。言葉なく、頷くだけでも、いいのです。話すだけでも、聞いてもらえるだけでもいいこともあります。コミュニケーションとは、会話をすることだけではありません。話の長い患者や、文句ばっかり言っている患者もいます。忙しいのにー!と思う時もありますが、患者は話したいのです。聞く力というのは、話すことより難しいと思います。

 

 

3、人の話を聞き流す力

これ、結構大切な能力です。聞き流すというと、あまりよくは聞こえませんが、必要なスキルの1つです。先ほども述べたように、話の長い患者や文句ばっかり言っている患者もいます。またこの話しか…と同じことばかり言う患者もいます。そのときは、笑顔で、時にはシリアスな表情で聞き流すこと!これも大切です。全てを100%で聞いていたら、うまくいかないこともあります。臨機応変に対応。これ大切。先輩や上司からのお叱りも、この技術でかわすことも大切です。

 

 

4、人と話さず理解する力

 これも難しいですけどね、すごーい大切な能力です。話す、聞く、そして観察。観察能力もコミュニケーションスキルの1つだと思います。話さなくても、相手の感情を読み解く、考えることというのはすごく大切なことです。今は話さない方がいいな、とか、この人には少ない言葉でいい、とか、この人にはたくさん話して、たくさん話を聞くことがいいな、とか。患者それぞれで変えていく必要があります。観察能力というよりも、慣れな部分も多いかもしれませんが、ただの経験だけでも判断できることではありません。日々考えて物事に取り組むことで養われていくのかなと思います。

 

 

 

 

といったコミュニケーションスキル。

すごく大切な事ばかり。

看護師ってこういうの大切なんです☆彡

 

どうでしたでしょうか??

人によって考え方は異なると思います。

なかなか難しいですよね、人とのコミュニケーション。

しかし大切なことです。

しっかりと磨いていきたいですね。