読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースマンノート

ナースマンのナースマンによる「看護師の地位の確立」と「収入改善」のためのノート

看護師でよかったこと(not あるある!)

夜勤があけた!

眠たいねー、うん、そりゃ寝不足ですし。

さぁ、

看護師さんまたまた必見!!

 

 

前回もブログで書いた

ナースコール

今日もすごかった…

この夜勤だけで、1人で300回以上ナースコールを鳴らす人がいます。今のナースコールには履歴が残ります。

基本的に用事はありません。

 

もちろん手をとられる私たち看護師も大変ですが、これによって他の患者の生命を脅かすことになりかねません…。

 

  • 他の患者に何かあった時
  • 頻回にナースコールを鳴らす患者のナースコールを取り上げる
  • ナースコールの度に毎回部屋に行かない

 

などなど、こんなことをしたら看護師は責められます。

 

こちらではどうしようもないことも、

なにがあっても、なにをしたとしても、悪いのは看護師なんですね〜。

 

何もかもが整えられていない職業ですね、看護師とは💦改善の余地ありすぎです。

まぁ、どこの病院でもあることだとは思いますけど〜。

 

ブログを書いてて思ったこと、

なんか、自分が看護師やってるのにそれについて悪く書いてる!

っと、思いました!笑

 

なので、書きます。

看護師あるあるではありません。

 今日は

 

看護師でよかったとこ

 

1、平日休み

これ個人的にすごくいい!!とにかく、どこへ行くにも土日だと混みますよね?大型連休なんて特に…。家族連れなら、子どもすぐ迷子になりますね。でも看護師なら、平日にも連休取れるんですね。そういえば最近、土日にお出かけしてません。平日休みの時に行こうと考えてしまっており、土日には人混みに出かけません。みんなが働いてる中、自分は休みだという優越感もありますね。

 

2、病気、怪我でもあせらない

子どもが熱出したとか、怪我したとかでも、病院に行くか行かないかある程度判断できます。だから、看護師でない人には冷たいと言われることもしばしば。「もっと心配してよ!」って思われることも多いですね。

 

3、予防接種がタダもしくは格安

まぁ、予防接種が義務といえばそうなので、当たり前かもしれませんね。でも接種ってかなりの値段しますし、毎年インフルエンザワクチン打ってもらえるのは嬉しいです。

 

4、いつでもどこでも就職しやすい

看護師不足の世の中。看護師は専門職ですし、いつ辞めても復帰する場所はどこでもあります。妻が看護師って、夫にとってめっちゃいいと思います。うちは違いますけど。でも、給料もある程度もらえるところや、どこに行っても就職できるのはいいところですね。

 

5、生と死、様々な死生観を得られる

生と死の近くで働く看護師。患者の数だけ色々な考え方、生き方があります。今の時代、生きることだけでなく、死に方を考えていく時代へとシフトしているように思います。人の死を近くで感じ、自分だけでなく、家族や友人が死に直面する際も、学んだ死生観を活かすことができると思います。

 

6、百貨店のスイーツに詳しくなる

患者やその家族から受け取ってはいけないといいつつも受け取ることになってしまうお菓子類。「ここのやつおいしい!」とか「自分もプレゼントにここ買おう!」とか思えるようになります。全く知らなかった私も、今では結構詳しくなりましたね〜。

 

7、医療用語がわかる

最近医療ドラマ多いですよね。チームバチスタの栄光医龍救命病棟24時、最近では a life もそうですね。看護師になる前は何言ってるかわからんことも、今となってはわかります。そうすると、ドラマもより面白くなってきます。ドラマで使われている点滴が自分の勤務先と同じであったりすると、結構テンション上がる。

 

 

などなど、この7つくらいしか今のところ思いつきません笑

他に何かあります??

 

今日はこんな感じになりましたね。

さぁ、寝ましょう!!