読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースマンノート

ナースマンのナースマンによる「看護師の地位の確立」と「収入改善」のためのノート

看護師は毎日恐怖と闘っている!!変わらなければいけない看護師という仕事

看護師

今日はお休みなのに朝から課題に追われておりました。

いい天気だ~でもまだまだ寒い!

 

 

さてさて

マニュアル

ってすごく苦手。

 

職場でも、「マニュアルに基づいて〇〇する。」

とかよくあります。

 

病院を運営している中央の側から(教育係とか)

なんでマニュアルがあるのに使わないのか?

マニュアルを使わなかったからインシデントが起きた

 

というようなこともよく言われます。

 

逆にマニュアルを使っていてもうまくいかないことなんてざらにあります。

 

 

確かに、マニュアルを使えという意見はわかります。

使った方がいいこともあるでしょう。

 

でも、毎年毎年同じことを中央から言われ、毎年どこも改善していません。

そこに問題もありそう。

 

中央の人は基本的に

「マニュアルを使っていない私たちに問題がある。」

というスタンスです。

 

マニュアルを使わないというのもよくないですが、

それでも何年も改善されていないということ、使わなくてお仕事が成立していることを考えれば、

そのマニュアル自体に問題があるのではないか

と思ったり。

 

意味のないマニュアルを、マニュアルだからと使え使えと言われても、だれも使いませんよね。

マニュアルが使われてない事実に焦点を当て、マニュアルの中身の改善や置いている位置の改善など、そういった方向からの考え方も必要なのではないかなと考えています。

 

 

今日は朝から、事故を起こさないためのことについての課題をしていて、こういったことをふと考えていました。

 

 

看護師という世界はまだまだ整えられていません。

マニュアルを作ることで組織であることを感じ、企業の真似事をするのはちょっとどうかなと感じます…。

そういうことはその道のプロにやってもらわなければ、今後もうまく育っていかないでしょう。

 

やはり、なんとなく真似事や、組織ごっこをしていては看護師の地位は確立されません。

マニュアルができる背景には、医療事故などについての難しい話が関与しているとは思います。

マニュアルを遵守していた

という事実が、少しでも医療者の責任を少なくするといったことにもつながるでしょうし。

 

 

なにかあったら医療ミスと訴えられるこの世の中。

医療者側からすると、驚愕の内容もあります。

患者側からすると、当たるところは医療者側しかないので、仕方ない部分はあると思います。

難しいですねぇ…。

 

医師や看護師というのは、これだけ危険な仕事をしているのです。

1つのミスがクビになるだけでなく、人生をも変えてしまうことになり得ます。

 

もう少し看護師という仕事を整え、地位を確立していかなくてはいけません!

 

毎日毎日がこわいです!

恐怖と闘いながら仕事をし、自分の命を削っています。

 

今後のためにも、何か変わっていってほしい…

変わっていかなければなりません!!

 

その方法が、難しいんでしょうけど…。

 

 

 

と、深~いことを考えた休日となりました💦

仕事に行きたくない……!! 毎朝自分にこう思わせないための3つの方法

毎日毎日お仕事です。

 

毎朝起きると身体がだる〜い!

寒いし起きたくない…

仕事に行きたくない…

 

 

朝起きると、毎日このような気持ちになってしまいます…。

職場にいってしまえば、同僚たちと話をしたり楽しいこともあるのですが、朝は絶対こんな気持ちになってしまうもの😫

 

 

こんな気持ちにならないための気持ちの持っていき方を考えてみた✨

 

 

1、時給で換算してみる

月給で考えると、こんだけかよ!って思うこともありますよね!というか毎月毎月思ってますが…。

でも、時給で換算してみてください!例えば時給が2000円だとします。午前中9時〜12時働き、お昼休憩。すでに6000円稼いでるんです!この午前中特に何もしてないのに、6000円稼いだ!って思ってみてださい!これだけあれば飲みに行けますよ!!そして午後もこの調子で時給で換算してみてください。なんだか安月給でもたくさんもらえてるように感じませんか!?

 

 

2、通勤途中に人間観察

世の中にはいろんな人がいますよね。電車通勤であれば、毎日多くの人に会うと思います。意外と毎日違う人が同じ車両に乗ってたりします。超イケメンスーパー美人がいるかもしれませんよ!そんな人を見れるだけでも意外と楽しい!あと!スマホをいじっている人やタブレットをいじっている人、読書をしている人や眠っている人。数を数えてみたり、どんなファッションをしているかなど、自分の見方次第で面白くなってきます。毎日電車でスマホをいじって時間を削ってしまうのもいいですが、こんなのも面白いですよ!でも、注意点。ジロジロみすぎて怪しまれないように!笑

 

 

3、仕事以外の楽しみで補う

これって結構大切だと思います。人間ですもの。私の場合、はてなブログを始めたことで通勤時間が嫌ではなくなりました。電車で片道30分以上かかるので、その間にブログを書いたりブログを読んだり。いままでは音楽聴きながら寝たり、本を読んでいましたが眠くなったりと!有効に時間を活用できていませんでした。しかし、文章を書くことが楽しいと思えて、ブログを続けることができています。不思議なことに、眠くなったりすることもそれほどないんですよね。

仕事を楽しめと言われても、それ自体を楽しむことはなかなか難しいものだと思います。

しかし、

それ以外のことに楽しみを見出す!

このことにより、仕事の嫌さが軽減するもんなんですね〜!ふしぎなものです。

それを見つけるのがなかなか難しいことではありますが。

自分の好きなことを見つけ、それを楽しみに待つことで嫌なことが少しでも軽減されるのですね。

 

 

 

しかし、気持ちは上向きになりますが、身体のだるさというのがなかなかとれない…

 

だるさがとれる方法は何かないでしょうか…💦

これは、次の課題ですね👍🏻

看護師の休日!朝早く起きる派or朝遅く起きる派(妄想です)

看護師

塩ファサー動画が、流行ってるらしいですね!

ぜひ、塩ファサーで調べてみてください👍🏻

 

そうそう、

SNS

これを、もう少しやってみようかと思いました!

FacebookInstagramTwitterなどなど…

多くのSNSがありますよね。

一応全部やってるんですが、「投稿」ってやつは人よりかなり少なめ。

いいね!

とか押すだけタイプです。笑

 

 

今日はお休み。

看護師の休日について

 

 

1、朝早く起きる派の人の場合

 

私も朝早く起きる派です。下の1例は独身時代の話ではありますが💦

 

7時  起床

8時〜9時  朝ご飯を食べながらダラダラ

10時〜13時  早めに街へお出かけ、買い物

13時  帰宅

13時〜15時  ダラダラ

15時〜16時  コーヒーとともに買って来たスイーツを食べる

16時〜18時  ダラダラしながら夜ご飯を作る

19時〜20時  夕食、お風呂

20時〜0時  ダラダラ

0時〜  睡眠

 

そして、翌日の仕事へ

 

こんな感じで、まあまあ充実していました。

早めに出かけて後ダラダラ

このスタンスでやってましたね~なつかしい!

 

 

2、朝遅く起きる派の人の場合

11時  起床
11時〜15時  何かを食べながらダラダラ
15時〜18時  もう少しダラダラ
18時 ~21時 夕食とともにダラダラ、スマホとテレビ鑑賞
21時〜0時  夕食後の名残りでダラダラ

0時~3時 眠くなるまでベッドでダラダラ

3時~ 就寝

 

翌日仕事、すごく眠たい…

 

 

でもこういう人の方が、仕事ができる人が結構多いんですよね!!

オンとオフの切り替えができる人、素敵!!

私もこれを大事にしています。

 

 

 

と、こんな感じでしょうか。

なんなら、2はかなりの想像です笑

遅く起きる派の人たちごめんなさい💦

こういう生活もしてみたいなっていう私の願望が含まれてます笑

こんな生活してないわ!!って怒られる~…

 

 

 

 

私はもともと、朝は早く起きる人です。

寝すぎると気持ち悪くなってしまうのと、昼まで寝ることができないタイプの人なのです。

夜勤前も結構早い時間から起きて、何をするでもないですがダラダラしてます。

たくさん眠れる人に少しあこがれを抱いたことも☆

 

 

でも、夜勤のある看護師という仕事に関しては、あんまりたくさん眠れない私にとってはちょうどよかったのかも。

少し眠れればすっきりしますし、すぐ眠くなるようなことはありません。

まあでも、基本的に夜勤は嫌いなのですが笑

 

休日は、仕事のことを考えないようにしたいので、いつもこのように内容が薄い!

でも今日は、SEOについて少し学んでみましたよ!!全然わからなかったですけどね!!

 

ビールを飲みながらのブログでした~!!

 f:id:nomkyo:20170310160539j:image

病院って、ホテルでしょうか!?

看護師

病院って、ホテルなのでしょうか?

治療をしてるホテル?

 

そうだとすると、看護師はホテルの従業員。

お客様だけのことを思って、素晴らしい質の高いサービスを提供する。

 

ホテルホスピタルなんてありえない!!

 

そんな言葉はありませんが笑

 

 

今日もちょっとしたモンスターペイシェントと関わりました。

 

命を扱う現場で、一生懸命働いている看護師や医師。

 

医療者は、一生懸命助けようとしているんですけどね…。

もちろん、まだまだ足りないところは多々あるとは思いますが😱

 

もちろん、患者の不安な気持ちはわかります。

理解しなければならないところです。

 

さすがに自分も腐ってはいけないと思い、

「もし自分が患者だったら、患者の家族だったら」

ということを考えるようにしています。

入院生活で、配慮のない行為をされるのは良い気持ちにはなりません。

 

 

しかし、

よくあるのが、

 

同室の患者がうるさい、いびきがうるさくて寝られない。

 

といったことを言われます。

 

確かに、これは自分でも嫌ですし、入院生活でそんなことがあれば誰でも嫌になります。

でも、大部屋である限り、仕方ないといったら仕方ありません。

 

部屋をかえてくれ!

何でかえてくれないのか?

ここは病院だろ!?

 

と言われることはざらにあります。

 

 

もちろんできる限りの配慮はします。

良い環境で治療が行えるように整えるのは私たちの使命。

しかし、限界はあります。

病院だからこそ限界があるのです。

ホテルではないから。

 

それでも嫌ならば、個室料金を払ってでも個室に入ってもらう他ありません💦

厳しい言い方をしていますが、そういうことなのです。

 

なのに、看護師の配慮が足りないと、毎日毎日言われます💦

積み上げて来たものが、壊れていく気持ちにはなりますね…

 

でも、

病院はホテルじゃないんです!

 

正直言うと、病院がホテルや自宅より良い環境なわけはありません😫

病院というのは、病気を治しに来る人が集まる場所です。どの患者も、何かしらの辛い気持ちを持ってきている場所。病気と闘いに来ている人が集まる場所。

集団生活の場所でもあります。

 

そういった過酷な環境で、一生懸命治療をする医療者と、病気に立ち向かう患者。

 

医療者と患者の関係は、従業員とお客様の関係ではありません。

 

ともにゴールを目指し、協力していく関係でなくてはなりません。

 

 

看護師の地位の確立にはまだまだ時間がかかりそう…。

仕事をすればするほど、命が削られていくだけ…。

 

今日は夜勤明け。

少しくら〜い気持ちになりました😫

ベテラン看護師のこわ〜い話と若い看護師の口癖

看護師

3月になっても寒い日が続く…

こまったさん…💦

今日は、看護師にまつわるちょっとしたお話をさせてもらいます。

 

 

 

 

 

ベテラン看護師のこわ〜いお話

 

仕事が出来る人、そうでない人、頼りになる人、ならない人それぞれです。

ベテランは新人を指導するという使命があります。

ベテラン看護師は、若い看護師が何か失敗をしたり、仕事に少しでも不備があるとすぐにそこにつけ込んでいきます。

実際私からすると「そんなんどうでもよくない?」「気が付いた人がやればよくない?」とか思うようなことばかり笑

 

若い看護師は出来なくて当たり前

という感覚がベテランにはありません。

 

出来なくて当たり前というと言い方は悪いかもしれません💦しかし、ベテランの人のように出来る新人っています?

ベテランからすると、普通これくらい出来るやろ?って思うことが多々あるのでしょう。

しかしそれは、あなたがベテランだからじゃないんですか?

新人に、

私と同じくらい出来なければ、仕事の出来ない看護師

と考えてしまうのは、理不尽。

 

1歳児の赤ちゃんにこぼさずご飯食べろと言っているようなものです笑

大人だから出来るのです。

 

そして休憩室などで、他の看護師に新人の文句や悪口を言うのです。

あーこわいこわい💦

 

✳︎これは、一部のベテラン看護師の話ですからね!笑

 

 

 

3年目前後看護師の口癖

 

この世代の看護師、だんだん仕事にも慣れてきて、新人の指導も開始し始める時期です。

しかし、もう少し経験年数が上の看護師が新人指導に手をとられることで、手のかかる患者をよく受け持たされる時期。

慣れてはきてはいるものの、疲労度は半端ないところです。

新人とベテランとの板ばさみ時期でもあるため、やっていくのに何かと気を使う時期となります。

この時期だいたい、「あ〜、仕事辞めたい。」「もう来年くらいで辞めます。」「結婚して辞めるから、いいんです。」と予定もないのにいう時期になってきます。

毎日気をつかいながら大変な仕事をするのは確かに大変、辞めてしまいたくなる気持ちはわかります。でも、だいたい言っているだけで、ほとんどの人は辞めません。

そういう時期なんでしょう笑

 

でも、最近の若い看護師は、学生時代からの彼氏と続いてる人が多いんですよね〜!相手はだいたい医学生です。医師の卵と付き合いながら看護師として働いているんですね!

将来は安泰ですね!

仕事辞めても問題なさそう!笑

 

 

 

看護師の世界にはいろいろな人がいますね〜面白い!!

職場にいる少々かわっている人も、客観的に見てみると面白く見えてきますよ😝

 

 みなさんも、遠目の目線から近くに人を観てみてください🤣

看護師の地位の確立のためには!?教育の質を上げること!?

看護師

PPAPってまだまだ大人気なんですね!!

ラッスンゴレライは見なくなりましたが…💦

子供に大人気だと、流行りますね!

 

 

最近流行りものについていけなくなりましたねー😫

 

 

さー!

今日も勤務内に研修があります。

最近多いし、課題も多いので課題に追われ続けています…。

正直、院内研修では、「これって、意味あるのか?」と思うような内容も多い…。

やっぱり院外研修の方が面白いしためになりますよね🤣

 

病院勤務の看護師は、基本的に教育には不慣れです。

教育のプロではありません。

 

しかし、教育の部門が存在し、そこに配属となれば教育担当となります。

もちろん新人の頃からお世話になっているところです。

 

決まりごとをたくさん作り、新人研修であったり多くの院内研修をしています。

これで大丈夫なのか!?

 

私たちは教育担当の部署にサポートされていますが、教育担当の人たちをサポートするところは、何かあるのでしょうか??

私たちが受けている教育は、正しいものなのか?

 

もちろん、教育が上手な人やそうでない人はいると思います。

ただ、それだけではなく、教育を学んだ人から私たちは教育されているのか?

 

看護師の世界はおままごとのようだと、以前の記事でも言いました。

 

www.nurseman-note.com

 

このことについても、大いに当てはまる。

新人教育など、スタッフの教育というのは、病院の質を高めることにもつながります。

個人の質が上がらなければ、集団の質も上がらない。

 

基本的に院内研修の座学の場合、講師は教育担当の看護師が多いです。

 

外部から誰かを呼んで、教育してもらうという手もあるんじゃないかなーと、最近思います。

予算的な問題とか面倒くさい問題とかいろいろあるんだろうけど😜笑

 

寝てる人も多く見かけますし、私も眠たくなることはあります!

そりゃ忙しい勤務中に数時間抜け出して研修に出るのですから、いい休憩時間と捉えられてしまうのかもしれません😰

 

教育の質を高めれば、眠たくなることも減るかもしれませんね👍🏻

 

研修がしっかりとものになっているのか、その評価も大切。

エビデンスを知った上で教育を行い、それを評価していく必要がありそうです。

 

私は教育について何も知らないのに偉そうなことばかり言ってしまいました。すみません💦

 

看護師の地位の確立のためには、こういったことの積み重ねも大切なのかなと思います。

学ぶのは学生だけではありませんしね👍🏻

 

看護師に必要なコミュニケーションスキルとは

看護師

ノンスタ井上さん、不起訴処分なりましたねー!

 

さて、今日ははてなブログproになってからの2個目の記事です!

昨日も言いましたが、何も変わっていないのでお許しを!

みなさん、励ましの言葉やブックマーク、本当にありがとうございます!

これからもよんでくださーい!

昨日も色々とカスタマイズしようといじりましたが、時間がかかりそうです😝

気長にいきます。

 

話は変わりますが、

うちの家族と看護師の後輩らとその相方たちで、月末に

イチゴ狩り

に行こうかなと、予定しています!

それがですね、今の時期やっぱり人気みたい!

どこも予約がいっぱい!!

こんなことってあるんだ!

世の人たちってそんなにイチゴ好きなんだ!と改めて思いました。

なのね、現在空きを探しまくっている状況。

どっかいいとこあれば〜と思いながら探しております。

 

 

今日も仕事でいろいろありましたね〜

悪いことでは無いですよ。

 

 

 

本題へ!!

今日、ふと話をしていて思いました。

コミュニケーション能力!!

看護師にとって、これってかなり大切ですよ。

これについて考えてみました。

 

 

1、人と話をする力

看護師に必要と言われるコミュニケーションスキル。やはり信頼関係というものは大切になります。だからと言って、それは「仲良くなる」とは違います。人と話をすることで、いろいろなことがわかります。顔、声、性格はもちろん、相手のコミュニケーション能力もわかります。看護師と患者は話すことで成り立つ関係。看護師は患者の様子や状態を把握して話をすることが大切になります。話すことなしに看護をすることはできません。でも、これは鍛えてうまくなるものでは無いです。慣れていくことはあるかもしれませんが、看護師の人間性が何よりも大切になります。

 

 

2、人の話を聞く力

傾聴。看護の世界では、人の話を聞くことをこう呼びます。話を傾聴することは、すごく大切なこと。ただ聞くだけ?と思う人も多いと思いますが、それだけでいい時もあります。言葉なく、頷くだけでも、いいのです。話すだけでも、聞いてもらえるだけでもいいこともあります。コミュニケーションとは、会話をすることだけではありません。話の長い患者や、文句ばっかり言っている患者もいます。忙しいのにー!と思う時もありますが、患者は話したいのです。聞く力というのは、話すことより難しいと思います。

 

 

3、人の話を聞き流す力

これ、結構大切な能力です。聞き流すというと、あまりよくは聞こえませんが、必要なスキルの1つです。先ほども述べたように、話の長い患者や文句ばっかり言っている患者もいます。またこの話しか…と同じことばかり言う患者もいます。そのときは、笑顔で、時にはシリアスな表情で聞き流すこと!これも大切です。全てを100%で聞いていたら、うまくいかないこともあります。臨機応変に対応。これ大切。先輩や上司からのお叱りも、この技術でかわすことも大切です。

 

 

4、人と話さず理解する力

 これも難しいですけどね、すごーい大切な能力です。話す、聞く、そして観察。観察能力もコミュニケーションスキルの1つだと思います。話さなくても、相手の感情を読み解く、考えることというのはすごく大切なことです。今は話さない方がいいな、とか、この人には少ない言葉でいい、とか、この人にはたくさん話して、たくさん話を聞くことがいいな、とか。患者それぞれで変えていく必要があります。観察能力というよりも、慣れな部分も多いかもしれませんが、ただの経験だけでも判断できることではありません。日々考えて物事に取り組むことで養われていくのかなと思います。

 

 

 

 

といったコミュニケーションスキル。

すごく大切な事ばかり。

看護師ってこういうの大切なんです☆彡

 

どうでしたでしょうか??

人によって考え方は異なると思います。

なかなか難しいですよね、人とのコミュニケーション。

しかし大切なことです。

しっかりと磨いていきたいですね。